2009年04月26日

パンツを見せること、それが……大宇宙の誇り体験版(演出&システム強化パッチ適応済み)感想とか

2009年6月25日(木)、WHEELから発売予定『パンツを見せること、それが……大宇宙の誇り』、
略してパン宙の体験版をプレイしたので感想をば。




■プレイ時間
1時開程度

■CG
立ち絵1枚絵、共に非常に綺麗

■ボイス
落ち着いた感じの演技が多め
バトル物でもないので、特に問題なし
個人的には、青葉りんご、夏野こおりの二人でお釣りが十分帰ってくるのでOK

■音楽
全体的に軽く落ち着いた感じ
曲数が少ないので淡々としている

■システム
 ▼文字フォントの変更
 デフォルト「MSP明朝」、アンチエイリアス@太字
 明朝のゲームはシリアス系用と思うので、ギャグ系の雰囲気には微妙+若干読みにくかったので
 「MSゴシック」アンチエイリアスに変更

 ▼オートモードの解除について
 マウスクリック時およびコントロールスキップ時に
 オートモードの解除をするかしないか選ばせて欲しい

 ▼メッセージウインドウについて
 台詞に応じて変化するメッセージウインドウは面白い
 ただ、切り替え時のアニメーションが派手なので連発するシーンでは疲れる
 コンフィグによるアニメのオンオフ指定が欲しいところ
 また、枠が小さい為、長い文章は改行が増えて読みにくい

■シナリオ
基本的に落ち着いたギャグ、お馬鹿系シナリオ。
自己紹介もなく、突然話が始まり
世界観の紹介シーンも無い為、プレイヤーは蚊帳の外状態
冒頭で世界観の説明が欲しいところ

■テキスト
マリアとリレットの登場シーンで、名前を聞いてないのに
名前が表示されている点の辻褄が合わない(体験版だから?)
上記のメッセージウインドウの指摘と関連するが、
長い文章で改行や改ページが少ないので一部読みにくい箇所有り

■エロテキスト
体験版でメイン6キャラ全て1シーンずつ収録。
製品版もそれなりのボリュームに期待

■キャラクター
体験版では出番が少ないので、まだ把握完全には不可能
個人的に不思議系のエレナが好感触

■総合
まだ、部分的な公開なので判断するのは時期尚早
ただ、ストーリーは題材上、ご都合主義っぽいのであまり期待出来ないか
CGと声優は高レベルで安定、Hシーンもそれなりにあり、
主にそちらを期待する方向けと予想
posted by MMM37 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34745659

この記事へのトラックバック

『〜パンツをみせること、それが……〜 大宇宙の誇り』 感想
Excerpt: パンツだから、恥ずかしくないもん!! ~パンツをみせること、それが……~ 大宇宙の誇り(2009/06/25)Windows商品詳細を見る ブランド:WHEEL 発売日...
Weblog: リリカル☆スアラ
Tracked: 2009-08-04 19:31